大型で非常に強い台風19号の接近を受け、JR東日本は10日、首都圏の在来線と新幹線で12、13日に「計画運休」を行う可能性があると発表した。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会も12日の3試合中2試合の中止が決定。過去最強クラスの勢力で3連休の東日本を直撃する恐れが高い台風の影響が各方面に広がっている。

 気象庁によると、台風は11日午前0時現在、小笠原諸島・父島の西南西約370キロを時速15キロで北北西に進んだ。中心気圧は920ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は50メートル。台風は10日夜、やや勢力を弱め、「猛烈」から「非常に強い」に変わった。ただ、この勢力を保ったまま北上し、12日午後にも紀伊半島から関東に上陸の恐れがある。西日本や東日本の太平洋側では11日午後から風雨が強まる見通し。非常に強い勢力で本州に上陸すれば、1991年の統計開始以来初となる。

 JR東や東京メトロなど首都圏の鉄道各社は10日、計画運休の可能性を相次いで公表した。11日に計画の詳細を明らかにする予定だ。小田急電鉄や東武鉄道は特急の運休を決めた。

 空の便では、全日空が羽田、成田発着の12日の国内線全便を欠航する。日本航空も羽田、成田発着便を中心に11〜13日の国内線と国際線の一部の欠航を決めた。

 ラグビーW杯は横浜市と愛知県豊田市で12日に予定されていた2試合が中止される。9度目の開催となるW杯で、試合中止は初めて。プロ野球も12日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦、巨人―阪神(東京ドーム)、西武―ソフトバンク(メットライフドーム)が中止になり、13日に行われる。