沖縄県内の60歳代のタクシー運転手の女性が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。同県内での感染確認は初めて。関係者によると、女性は集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が今月1日に那覇港(那覇市)に寄港した際、乗客と接触した可能性がある。

 那覇港では乗客約2700人の大半が一時下船し、バスやタクシーなどで県内を観光していた。県はこの女性を含め、運転手など乗客と接触した可能性のある約200人を特定し、健康観察を実施していた。

【関連記事】新型肺炎、今なにをすべきか〜正しい情報で正しい行動を