国内では1日、新型コロナウイルスの感染者が、37都道府県と空港検疫で新たに計1536人確認された。東京都のほか、埼玉県や千葉県などで1日当たりの感染者が過去最多を更新した。死者は確認されなかった。

 東京都では新たに472人の新規感染者が確認されたが、都によると、この日の感染者の中には、7月23〜26日の4連休の間にバーベキューや旅行、飲み会に行った人が複数含まれているという。

 472人のうち、20〜30歳代の若年層が約7割の324人を占める一方、60歳代以上の感染者も1割弱の35人に上る。中でも、80歳代以上の高齢者は、前日の2人から7人まで増えた。

 入院患者数は1220人と、7月1日時点(280人)の4倍超となった。重症者は前日比1人減の15人と横ばい状態が続くが、都幹部は「高齢者層に感染が広がれば一気に増える恐れもある」と警戒している。

 都内のある病院では、都の要請を受けて約40床の専用病床を設置。現在は重症者も含め、およそ半数が埋まっているという。病院長は「対応の長期化で医師や看護師は疲弊している」とした上で、「一般患者の治療にも支障が出かねない状態だ」と危機感を抱く。

 このほか、▽埼玉(74人)▽千葉(73人)▽奈良(19人)▽長崎(15人)▽和歌山(13人)▽三重(11人)――の各県でも、1日当たりの新規感染者数が過去最多を更新した。