学校法人「 加計 かけ 学園」の獣医学部新設を巡り、松野文部科学相は20日の閣議後記者会見で、 萩生田 はぎうだ 光一官房副長官と文科省局長との国家戦略特区に関する協議内容を記した新しい文書が見つかったと発表した。

 文書には萩生田副長官が「総理は『平成30年(2018年)4月開学』とおしりを切っていた」などと語り、早期開設を迫ったことが記載されているが、萩生田副長官は発言を否定している。

 NHKが19日夜、文書の存在を報じたため、文科省が改めて調査したところ、文科省専門教育課の共有フォルダーから見つかった。文書には「10/21萩生田副長官ご発言概要」との表題が付いており、特区への獣医学部新設が認められる前の昨年10月21日、萩生田副長官が高等教育局長と面会した際の発言を同課の課長補佐が聞き取り、個人メモとして作成したという。