立憲民主党と希望の党は15日、日本維新の会の足立康史衆院議員に対する懲罰動議を提出する検討に入った。

 足立氏は同日の衆院文部科学委員会で、立民の福山幹事長と希望の玉木代表が日本獣医師政治連盟から献金を受けたとし、「仮に請託を受けて 斡旋 あっせん し、あるいは国会質問していれば斡旋利得罪」と述べ、「安倍首相を犯罪者たちが取り囲んで非難している」などと主張した。

 立民、希望両党は足立氏の発言を問題視し、謝罪や撤回を求める構えだ。