菅首相は18日、就任後初の外遊としてベトナム、インドネシアへの訪問に出発する。19日にベトナムのグエン・スアン・フック首相、20日にインドネシアのジョコ大統領とそれぞれ会談し、21日に帰国する予定だ。真理子夫人も同行する。

 菅首相は両首脳との会談で、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)構想の実現に向けた協力や、南シナ海問題、北朝鮮情勢などについて意見を交わす見通し。

 外遊先となる両国を含む東南アジア諸国連合(ASEAN)は、首相が安倍内閣から踏襲するFOIPの要となる地域だ。ベトナムは今年のASEAN議長国で、首相は19日、対ASEAN外交などに関する政策スピーチを現地で行う。首相は両国との間で、経済協力の強化なども確認する見通しだ。