サッカーの欧州チャンピオンズリーグは19日、準々決勝第2戦の残り2試合が行われ、香川真司が所属するドルトムント(独)はアウェーでモナコ(仏)に1―3で敗れ、2戦合計3―6で敗退した。

 香川はフル出場して無得点。日本人選手の所属チームは姿を消した。前々回覇者のバルセロナ(スペイン)はホームでユベントス(イタリア)と0―0で引き分け、2戦合計0―3で4強入りならず。準決勝の組み合わせ抽選は21日に行われる。