西武3―2ソフトバンク(パ・リーグ=17日)――西武の 外崎 とのさき が先制の犠牲フライを放った。

 二回一死満塁、ソフトバンクの先発・千賀に対し、フルカウントから懸命にファウルで粘り続け、14球目をライトへ打ち上げた。

 「必死に粘った。最後は外野まで運べてよかった」と振り返った。