巨人は15日、ドラフト1位指名の 鍬原 くわはら 拓也投手(21)(中大)と都内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で仮契約を結んだ。

 即戦力候補として期待される右腕は、「やるからには1年目に新人王を取りたい」と意気込んだ。

 鍬原は記者会見で、「スタートラインだと思っている。まだまだ(成長)できる部分がある」と表情を引き締めた。女手一つで育ててくれた母親に「恩返しができたら」と誓い、50歳まで現役を続けた元中日の山本昌さんを目標の投手に挙げて「息の長い選手になりたい」と力を込めた。

 最速152キロの直球と鋭く変化するシンカーが持ち味で、中大では救援から3年春に先発へ転向した。担当の柏田貴史スカウトは「先発もリリーフも高いレベル」と、幅広い起用に応えられると太鼓判を押した。(金額は推定)