【 江陵 カンヌン =石坂麻子】平昌五輪の大会組織委員会は15日、氷上種目が行われている江陵で、強風のため観客ら計16人が負傷したと発表した。

 いずれも軽傷という。競技は室内で行われており、大会運営に支障はなかった。

 江陵は14日、強風が吹き荒れ、午後2時10分には最大瞬間風速が17・8メートルを記録。負傷した16人のうち13人が大会運営の係員で、3人が観客だった。組織委が被害状況を集計したところ、入場ゲートなどに使う60張りのテントが壊れるなどしたほか、フェンスが崩れるなどの被害もあった。