フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日、カナダのバンクーバーで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で、16歳の紀平梨花(関大ク)が今季最高得点となる82・51点をマークし、 平昌 ピョンチャン 五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えて首位に立った。ザギトワは77・93点で2位。坂本花織(シスメックス)は70・23点で4位、宮原知子(関大)は67・52点で6位と出遅れた。