ソフトバンク4−0西武(パ・リーグ=1日)――ソフトバンクの栗原が先制の7号3ランを放った。一回、二死一、三塁で打席に入ると、追い込まれながらも最後は西武・本田の速球を捉え、左翼テラス席へ運んだ。7月24日から5番打者に起用されて以降、得点源として結果を出し続けている左打者は、「しっかり芯で打てたが、入るとは思わなかった」と喜んだ。