大相撲7月場所14日目(1日・両国国技館)――単独首位の照ノ富士が正代に寄り切られ、2敗に後退。1差で追う朝乃山も照強の奇襲の足取りに屈し、痛恨の3敗目を喫した。御嶽海は琴恵光をすくい投げで退けた。朝乃山と正代、御嶽海が3敗で並び、千秋楽は4人に優勝の可能性が残る大混戦となった。