広島9−2巨人(セ・リーグ=2日)――広島が3連敗を免れた。一回に鈴木誠の2ランで先制し、その後も西川の3ランなどで加点した。遠藤がプロ初完投で2勝目。巨人は広島戦の連勝が5で止まった。

    ◇

 中日0−0ヤクルト(セ・リーグ=2日)――中日・梅津、ヤクルト・山中の両先発が好投し、ともに無得点で引き分けに終わった。梅津は被安打5で10回完投。山中は8回を4安打に抑え、救援陣が締めた。

    ◇

 阪神3−1DeNA(セ・リーグ=2日)――阪神が競り勝ち、勝率を5割に戻した。六回、大山の2点打で逆転し、継投で逃げ切った。2番手の馬場がプロ初勝利を挙げた。DeNAは10残塁と拙攻が響いた。