【ニューデリー=田尾茂樹】パキスタン南西部クエッタで12日、自爆テロがあり、軍によると、兵士8人を含む少なくとも15人が死亡、30人以上が負傷した。

 AFP通信によると、イスラム過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。

 バイクに乗った自爆犯が軍用車両に突っ込み、爆発したという。14日の独立記念日を前に、国内の混乱を狙ったテロとみて、軍は警戒を強めている。