【ニューヨーク=吉池亮】米南部フロリダ州パークランドの高校で14日午後2時半(日本時間15日午前4時半)頃、男が自動小銃を乱射し、地元警察当局の発表では生徒ら少なくとも17人が死亡した。

 銃撃犯は19歳の男で、まもなく身柄を拘束された。男は、この高校から退学処分を受けており、連邦捜査局(FBI)などが犯行の動機を調べている。

 地元警察当局の発表によると、男は、ニコラス・クルーズ容疑者で、現在は別の高校に通っている。犯行には殺傷能力の高い自動小銃「AR15」を使い、大量の弾薬も持っていた。事件発生から約1時間後、校外で抵抗することなく身柄を拘束された。死者のほか少なくとも14人が負傷して病院に搬送されており、死傷者数が増える可能性もある。

 事件があったのは、「マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校」。在籍生徒数が3000人を超す市内有数の大規模校で、進学校として知られているという。