【ソウル聯合ニュース】韓国の錦湖アシアナグループは15日、中核企業のアシアナ航空の売却を決定した。

 同グループの持ち株会社に当たる錦湖産業が同日、取締役会の議決を経て、アシアナ航空の売却を決めた。錦湖産業はアシアナ航空の大株主でもある。

 同グループ関係者は「アシアナ航空の経営正常化のため、最善の策は何か苦心してきた」として、「アシアナ航空を売却することがグループとアシアナ航空の双方にとって市場の信頼を確実に回復することだと思った」と述べた。