【ソウル聯合ニュース】今年のキムチ輸出額が過去最高を記録したことが20日、韓国関税庁の統計で分かった。新型コロナウイルスの流行で免疫力を高める食品に対する関心が高まり、キムチメーカーが海外の販路を拡大したことが奏功した。

 関税庁の輸出入貿易統計によると、今年1〜11月のキムチの輸出額は1億3152万ドル(約136億円)で、すでにこれまでの最高だった2012年の年間輸出額の1億661万ドルを大きく上回っている。

 1〜11月の実績を輸出先ごとに見ると、日本が6495万ドルで輸出額全体の49.3%を占めた。次いで米国が2104万ドル、香港が700万ドル、台湾が538万ドル、オーストラリアが524万ドルなどと続いた。