【ソウル聯合ニュース】8月に日本デビューを控えている韓国の4人組ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)が20日、東京の日本武道館でショーケースライブを行い、1万4000人を動員した。

 所属事務所のYGエンターテインメントによると、この日開催された「BLACKPINKプレミアムデビューショーケース」は全席売り切れとなった。

 公演は韓国インターネットサービス大手NAVER(ネイバー)のライブ配信アプリ、「LINE LIVE」を通じて生中継され、視聴者数は35万人を超えた。

 BLACKPINKは「BOOMBAYAH」「PLAYING WITH THE FIRE」などのヒット曲を含む6曲を披露して観衆を酔わせた。日本の主要テレビ局が大挙取材に訪れるなど関心の高さをうかがわせた。

 所属事務所は「猛暑の中、BLACKPINKを見るために集まったファンが長蛇の列を作った」とし、「女性ファンが圧倒的に多かった」と伝えた。

 BLACKPINKは8月30日に日本でアルバムを発表して正式デビューし、本格的な活動を繰り広げる予定だ。