【ソウル聯合ニュース】封切りを2日後に控えた映画「軍艦島」(原題)の前売りが韓国映画歴代1位を記録し、興行成績に注目が集まる。

 映画振興委員会の統計によると、「軍艦島」は24日午後2時半現在の前売り観客数が21万1人(前売りシェア65.1%)で、リアルタイム前売り率1位を記録した。

 これは韓国映画史上最高で、これまで1位だった「シークレット・ミッション」(9万7000人、2013年)を超えたと配給会社のCJエンターテインメントは伝えた。

 「軍艦島」は、日本による植民地時代に端島炭坑(軍艦島、長崎市)に強制徴用された朝鮮人が命がけで島を脱出しようとする姿を描いた作品。リュ・スンワン監督がメガホンを取り、ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンなどが出演した。