【ソウル聯合ニュース】韓国の女優、ハン・イェスルさんが、8日からソウル市内で開催されるメディアアートの展覧会「アリス イントゥ・ザ・ラビットホール」のオーディオガイドの録音を行った。所属事務所のキーイーストが4日、明らかにした。

 キーイーストは「ハン・イェスルはドラマ『20世紀少年少女』(原題)の撮影で多忙な中、ボランティアの提案を受けこれに応じた」とし、「ルイス・キャロル原作の『不思議の国のアリス』のファンでもある」と伝えた。

 ハンさんはオーディオガイドのほか、インタラクティブ空間を構成するコンテンツの録音にも参加した。「鏡の国のアリス」の「言葉を話す花々の庭園」がモチーフとなった体験空間でもハンさんの声を聴くことができる。

 展覧会に関する詳しい内容は、ホームページ(www.thealice.co.kr)で確認できる。