【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、防弾少年団(BTS)がファンの反発を考慮し、日本で予定していた秋元康氏作詞の新曲発表を取りやめた。所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは16日に防弾少年団のオフィシャルファンクラブサイトで「11月7日発売のニュー・シングルの内容を制作上の都合で変更する」とし、新譜発表直後の変更案内となったことを謝罪した。

 防弾少年団は先ごろ、日本で11月にリリースする新シングルの表題曲として、AKB48グループ総合プロデューサーとしても知られる作詞家の秋元氏が作詞を手掛ける新曲「Bird」を収録すると発表した。

 ところが、韓国のファンたちは秋元氏とのコラボの即刻中断と関連資料廃棄を求めるとして、ネット上で反対の声を上げた。AKB48は靖国神社前で公演したり旭日旗が描かれた公演衣装を身に着けたりしたことが韓国で反感を招き、「右翼」と指摘されるためだ。秋元氏に対しても、歌詞などで女性の性を商品化しているという批判がある。ファンは秋元氏とのコラボが防弾少年団の音楽活動に汚点を残しかねないと懸念した。

 ビッグヒットはこうしたファンの懸念を認識し、15日に協議中としていたが、翌日に「Bird」発表を取りやめた。新譜のタイトルを「FAKE LOVE/Airplane pt.2」に変更し、「Bird」の代わりに「IDOL」のリミックスバージョンを収録する。