【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、少女時代のテヨンが24日に発表した新曲「Four Seasons」が音楽配信チャートの1位を独占した。所属事務所のSMエンタテインメントが25日、伝えた。

 同曲は先にリリースされたチャン・ボムジュンやペク・イェリンの新曲との首位争いを制し、25日午前にメロン、ジニーミュージックなど八つの音楽配信サイトのチャートで1位を記録した。 

 「Four Seasons」は、愛の心理を四季の移り変わりにたとえて表現した歌詞とテヨンの感性的なボーカルが調和した曲だ。シングルには同曲と「Blue」の2曲が収録されている。

 テヨンは来月13日の福岡を皮切りに、22〜23日に大阪、27日に名古屋、5月9〜10日に東京と4都市を回る日本ツアーを行う。