【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会の集計によると、俳優のイ・ジョンジェ、ファン・ジョンミン主演のアクション映画「ただ悪より救いたまえ」(原題、以下同)が公開初日の5日に観客約34万4000人を動員し、興行成績1位を記録した。売上高全体に占めるシェアは77.2%。

 同作品は日本、韓国、タイで殺し屋のインナム(ファン・ジョンミン)の行方を追う無慈悲な殺人鬼レイ(イ・ジョンジェ)の追跡劇を描いた。韓国で「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編「半島」、「鋼鉄の雨2:首脳会談」とともに今夏の3大映画として注目されている。公開初日の興行成績は約35万2000人を動員した「半島」に次いで2位だった。「鋼鉄の雨2」は約22万2000人を動員した。