【ソウル聯合ニュース】米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で2週連続1位の大記録を打ち立てた韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)がKBS第1テレビの看板番組「KBSニュース9」に出演し、高視聴率を記録したことが、11日分かった。

 

 視聴率調査会社のニールセン・コリアはこの日、10日午後9時から放送された同番組の視聴率は14.7%だったと発表した。8日の視聴率は12.6%、9日は13.7%だった。

 別の視聴率調査会社TNMSも、10代から60代までの全年代で視聴率が前日より上昇し、特にBTSが出演した時間帯の全国世帯視聴率は18.8%まで上昇したと伝えた。

 BTSのメンバーは番組内で、新曲「Dynamite」がビルボードで2週連続1位となった感想のほか、人気やチームワークの秘訣(ひけつ)などを公開。ファンだけでなく、一般視聴者の関心も引いた。

 KBSは、BTSが社屋に到着してからスタジオに入るまでを詳しく伝え、社内に立て看板を設置するなど特別待遇で迎えた。

 ニュースキャスターも視聴者を代表し、メンバーにさまざまな質問をした。

 BTSは新曲について、悲しみを愉快で希望に満ちた歌で慰めようとする「正攻法」を選んだと説明した。