【ソウル聯合ニュース】韓国のガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)が11日、新曲「Ice Cream」を一緒に歌った米国の歌手で女優のセレーナ・ゴメスと共に米ラジオ番組「Zach Sang Show」にリモート出演し、同曲や近況について語った。

 メンバーのロゼは、来月2日にリリースするファーストフルアルバム「THE ALBUM」について、「『サプライズ』でいっぱい」だと紹介。「Ice Cream」のプロデューサーを務めたトミー・ブラウンと制作した曲が、同アルバムに2曲収録されることも伝えた。

 ジェニーは「(アルバムの)リリース直前に『Ice Cream』で良いエネルギーをもらい、セレーナに応援されているような気分になれた」と語った。

 メンバーは「私たちはみなセレーナ・ゴメスのファン。一緒に歌うことができて光栄」とも伝えた。セレーナ・ゴメスも「BLACKPINKは歴史をつくった。その一部になれることは本当に素晴らしいこと」と応じた。

 先月28日リリースの「Ice Cream」は、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」でK―POPガールズグループでは最高位の13位に初登場した。