【ソウル聯合ニュース】韓国の男性グループ、SUPERNOVA(スーパーノバ)のメンバーが関与した海外賭博事件を巡り、韓国警察が捜査を拡大していることが、15日分かった。

 

 仁川地方警察庁は、今回の事件に暴力団員が関わっているとみて調べている。

 警察は賭博容疑で立件されたSUPERNOVAのメンバー2人のほか、別の芸能人も海外での賭博に関与したか確認している。

 今回立件されたメンバー2人は、2016年から18年までフィリピンで700万ウォン(約63万円)〜5000万ウォンを賭けてバカラ賭博を行った疑いが持たれている。

 警察の取り調べでは「賭博をするためにフィリピンに行ったのではない」とし、「偶然現地で賭博をした」と供述した。

 2人はフィリピンのほか、韓国でも違法なオンライン賭博を行ったとされる。

 警察は近く賭博場運営者らの身柄を確保し、事件の正確な経緯を調べる計画だ。

 警察関係者は「現在捜査中のため、具体的な事件の内容は明らかにできない」と述べた。

 SUPERNOVAは07年に超新星としてデビュー。09年に日本に進出し、オリコンチャートで上位にランクインするなど人気を集めた。