【ソウル聯合ニュース】韓国・KBS第1テレビの新ドラマ「誰が何と言っても」(原題)に、女優のナ・ヘミと俳優のチェ・ウンが主演する。制作サイドが15日、伝えた。

 

 この作品は、両親の離婚と再婚を経験した子どもたちが世間の偏見と困難に打ち勝って成長していく家族ドラマ。

 ナ・ヘミは飛び抜けた美貌と明るい魅力を持つ気象キャスターのキム・ボラ役を演じ、チェ・ウンは配達の仕事をしながら起業準備をするカン・デロ役に扮する。

 第1話は来月12日午後8時半から放送される。