【ソウル聯合ニュース】英語の新曲「Dynamite」が米国で大きな人気を集めている韓国人気グループのBTS(防弾少年団)が、現地の有名トーク番組に特別ゲストとして5日連続出演する。

 所属事務所によると、米NBCテレビのトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」は月曜日の28日(現地時間、以下も)から金曜日の10月2日までを「BTSウイーク」と銘打ち、BTSが5日連続出演する特別放送を行う。BTSは「Dynamite」をはじめ、毎日違う曲を披露するほか、インタビューなども受ける。

 所属事務所は、同番組が特定のアーティストを扱った週間企画を組むのは極めて異例だと伝えている。

 BTSは2018年9月に同番組に初出演し、アルバム「LOVE YOURSELF 結 ’’Answer’’」のタイトル曲「IDOL」と収録曲「I’m Fine」のステージを披露した。

 今年2月には、アルバム「MAP OF THE SOUL:7」のタイトル曲「ON」のステージを同番組で初公開した。この時はニューヨークのグランドセントラル駅構内でマーチングバンドやダンサーとともにダイナミックなパフォーマンスを披露し、話題を集めた。

 BTSは「Dynamite」が米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で2週連続1位となり、その後の2週間は2位に入る人気ぶりを見せている。

 BTSは先ごろ、米国の著名な音楽授賞式「MTVビデオ・ミュージック・アワード」や米音楽イベント「アイハート・ラジオ・ミュージック・フェスティバル」などにリモート出演した。