【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループ、BTS(防弾少年団)のJ−HOPE(ジェイホープ)が昨年9月にリリースしたソロ曲「チキン・ヌードル・スープ(Chicken Noodle Soup)」のミュージックビデオ(MV)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で5日午前に再生回数2億回を突破した。所属事務所が伝えた。

 この曲は、J−HOPEがダンスを習い始めたころに接した米アーティストのウェブスターとヤング・Bの同名曲からサビを引用し、新たに創り上げたもの。米国の歌手で女優のベッキー・Gがフィーチャリング参加したことでも話題となった。J−HOPEは韓国語で、ベッキー・Gはスペイン語で作詞し、自伝的な内容を盛り込んでいる。

 同曲は米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で81位に入るなど注目を集め、MVもさまざまな国のダンサー50人ほどが繰り広げるダンス、鳥の羽ばたきをイメージした振り付けなどが目を引いた。