【ソウル聯合ニュース】韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメントの所属アーティストによるプロジェクトグループ、SuperM(スーパーエム)が、10日の「世界メンタルヘルスデー」に合わせて世界保健機関(WHO)がオンライン開催するイベントでパフォーマンスを披露する。K―POPグループとしては唯一の参加。所属事務所が8日、発表した。

 このイベント「The Big Event for Mental Health」はメンタルヘルスの重要性とケア方法を啓発し、すべての人々がケアプログラムを受けられるよう呼び掛ける趣旨で企画された。世界の各界著名人が出演する。

 SuperMは同イベントで、先ごろリリースしたファーストフルアルバム「Super One」から「Better Days」を披露して応援のメッセージを伝える予定だ。同曲はバラード調のメロディーに、もう少し耐えればもっといい日がくるという内容の英語詞をのせた。