【ソウル聯合ニュース】韓国の俳優、イ・ビョンホンさんが新型コロナウイルスで苦しい状況に置かれている低所得層の子どもたちのため、児童福祉に取り組む韓国の「緑の傘子ども財団」に1億ウォン(約950万円)を寄付した。所属事務所が30日、伝えた。

 

 所属事務所は、イさんが新型コロナの状況が深刻化するにつれて住居環境が整わない子どもたちとの間に学習格差や不平等が生まれているとの話を聞き、寄付を決めたと説明した。

 寄付金は子どもたちの住居支援や才能開発支援、社会・経済的自立支援のために使われる予定だ。

 イさんは今年初めに新型コロナの感染拡大防止のため1億ウォンを寄付したほか、昨年にも妻で女優のイ・ミンジョンさんとともに山火事の被災児童に1億ウォンを寄付するなど社会貢献を続けている。