【ソウル聯合ニュース】韓国の女性グループ2NE1(トゥエニィワン、2016年解散)のメンバーだったCL(シーエル)が、韓国の女性ソロ歌手としては初めて米国でテレビCMに出演した。所属事務所によると、CLをイメージキャラクターに起用したメキシカンファストフードチェーン「タコベル」の新テレビCMが14日(現地時間)に米全土で放送を開始した。

 このCMでCLはコンサートを終えたアーティストという設定で、ボディーガードにエスコートされてスポーツカーに乗り込み、ファンの歓声を浴びる。

 所属事務所は「K―POP人気が高まり、アジアを中心に海外のCMに出演する韓国アーティストが増えたが、米国のテレビCMに出演する女性ソロ歌手はCLが初」と伝えた。

 CLは16年にシングル「LIFTED」で米国デビュー。韓国の女性ソロ歌手で初めて米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」にランクイン(94位)した。

 昨年はダブルAサイドシングル「+HWA+」「+5 STAR+」リリースに合わせて米CBSの人気トーク番組「ザ・レイト・レイトショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」に出演し、パフォーマンスを初披露した。