【ソウル聯合ニュース】米音楽界最高の栄誉とされる「第63回グラミー賞」が15日(現地時間14日)に発表され、ヒット曲「Dynamite」で「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」にノミネートされていた韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)は受賞を逃した。レディー・ガガとアリアナ・グランデの「Rain On Me」が同賞に輝いた。

 「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」はポップ部門の賞の一つで、デュオまたはグループ、コラボレーションの形で優れた成果を出したミュージシャンに贈られる。

 BTSは昨年8月、ディスコを再解釈した「Dynamite」をリリースした。全編英語詞で、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で3週間1位を記録するなど、メガヒットを飛ばした。

 この楽曲で韓国のポップアーティストとして初めてグラミー賞候補となり、受賞も期待されていた。「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」ノミネートはアジアからも初だった。

 一方、受賞作の「Rain On Me」はレディー・ガガが昨年5月にリリースしたアルバムの収録曲。苦難に打ち勝つメッセージをこめており、アリアナ・グランデとのコラボも話題になった。

 この日、グラミー賞発表に続き授賞式が開かれ、BTSはノミネートアーティストとしてソロでパフォーマンスを披露する。韓国のアーティストでは初めて。新型コロナウイルス感染症の影響により、韓国で事前録画された。