【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループBTS(防弾少年団)が先月21日に世界同時リリースしたデジタルシングル「Butter」が米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」の最新ランキングで初登場1位を獲得した。ビルボードが1日(現地時間)、伝えた。

 ホット100はストリーミング回数などを基に米国で人気のある曲の順位を毎週集計するチャートで、メインアルバムチャート「ビルボード200」とともにビルボードの2大メインチャートに挙げられる。

 BTSの曲がホット100で1位を記録したのは「Dynamite」「Life Goes On」に続き3曲目。昨年8月にリリースしたBTS初の英語曲「Dynamite」は韓国歌手の曲として初めて同チャートでトップに立ち、1位を通算3回獲得した。「Life Goes On」は昨年11月にリリースしたアルバム「BE」のタイトル曲で、同チャート史上初めて1位を獲得した韓国語の曲となった。

 昨年10月にはBTSがフィーチャリング参加したジョーシュ685とジェイソン・デルーロの曲「Savage Love」リミックスバージョンが1位を記録した。