【ソウル聯合ニュース】韓国の俳優ソン・ジュンギが主演する南米コロンビアが舞台の韓国映画「ボゴタ」(原題)が、新型コロナウイルスの感染拡大による現地ロケの中断を経て韓国で撮影を再開した。配給会社が23日、伝えた。

 昨年1月にコロンビアの首都ボゴタでクランクインしたが、新型コロナの影響で同年3月に撮影を中止した。制作サイドはこれまでの撮影分を生かしつつ、全体を見直した。これから3か月にわたり韓国で撮影を進める予定。

 この作品は、希望が見えない人生において最後に選択した地、ボゴタで生き延びるために危険な取引を始める人々を描いたノワール。ソン・ジュンギは、19歳で無一文でボゴタにたどりつき、どん底からボゴタの地元経済を牛耳るまでに上り詰める主人公を演じる。波乱万丈な人生を送る男を中心に、対立や友情などのドラマが展開される。

 イ・ヒジュンが大手商社のコロンビア駐在員、クォン・ヘヒョが現地で商売をする韓国人のリーダーをそれぞれ演じる。