【ソウル聯合ニュース】韓国のMBCテレビは5日、俳優ソ・ジソブが主演するメディカル法廷ドラマ「ドクターロイヤー」(原題)を来年前半に放送すると発表した。

 このドラマは、仕組まれた医療事故で全てを奪われ、医療訴訟専門弁護士になった天才外科医師と、その事故で家族と恋人を失った医療犯罪担当検事が出会い、悪人を懲らしめて被害者を救うストーリーだ。

 ソ・ジソブが演じる主人公のハン・イハンは、韓国トップの医大を首席で卒業し、一般外科と胸部外科の二つの資格を持つ天才外科医。優れた実力のみならず人間的魅力も備えたエース医師だったが、成功したと思われた手術で患者が死亡したことで、医師免許を奪われてしまう。

 ソ・ジソブのドラマ出演は、2018年のMBCテレビのドラマ「私の恋したテリウス〜A Love Mission〜」以来4年ぶり。

 制作関係者は「『ドクターロイヤー』は医学ドラマと法廷ドラマの魅力を兼ね備え、世の不条理に抗う主人公の姿を通じて視聴者に一味違う面白さとともに痛快なカタルシスを届ける予定だ」とコメントした。