【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)とTOMORROW X TOGETHER(TXT、トゥモロー・バイ・トゥギャザー)の曲がともに米ビルボードのラジオチャート「ポップエアプレイ」に入った。

 両グループの所属事務所、ビッグヒットミュージックによると、BTSのデジタルシングル「Butter」は最新の「ポップエアプレイ」で11位を記録した。

 同チャートは、ポップミュージック上位40曲を対象に約160のラジオ局での1週間の放送回数を集計し、順位を発表する。

 5月21日にリリースされた「Butter」はビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で6週連続1位の大記録を打ち立てた。26位で初登場した「ポップエアプレイ」でも徐々に順位が上昇している。

 TXTもデビュー後初めて「ポップエアプレイ」入りを果たした。

 5月31日にリリースしたセカンドフルアルバム「The Chaos Chapter:FREEZE」の収録曲で、TXT初の英語曲「Magic」が40位にランクインした。

 また、ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」では、BTSが昨年2月にリリースした4枚目のフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」(111位)が71週連続、同年11月にリリースしたミニアルバム「BE」(161位)が32週連続、TXTの「The Chaos Chapter:FREEZE」(107位)が4週連続でチャート入りした。