【ソウル聯合ニュース】韓国の元祖アイドルグループ、H.O.T.(エイチオーティー)メンバーの歌手KANGTA(カンタ)が14日、同グループの曲「自由に飛べるように」(原題)を24年ぶりにリメークした「Free To Fly 2021」を発売する。所属事務所のSMエンタテインメントが12日、伝えた。

 

 「自由に飛べるように」は1997年にリリースされたH.O.T.のセカンドフルアルバム「Wolf And Sheep」の収録曲。リメークした曲は、原曲を作詞・作曲したSMのユ・ヨンジン取締役がプロデュースし、より豊かなサウンドを作り出した。

 ミュージックビデオ(MV)には、KANGTAとともにSMに所属する後輩であるNCT(エヌシーティー)のソンチャン、aespa(エスパ)のウィンターが出演した。

 SMは先ごろ開催した「SMコングレス2021」で、SMのアーティストの既存のMVと音源をリマスタリングし、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開するプロジェクトの計画を明らかにした。

 このプロジェクトにより、「Free To Fly 2021」をはじめ、約300編のMVや音源が新たに発表される予定だ。