【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の日本ベストアルバム「BTS、THE BEST」(6月16日発売)が、オリコンが9日に発表した最新の週間合算アルバムランキングで換算売上ポイント6909PTを記録し、8位に入った。これで累計の換算売上ポイントは100万6323PTとなり、100万PTを突破した。同ランキングでの累計100万PT超えは海外アーティストでは初となる。

 オリコン合算ランキングはCDの売上枚数、デジタルダウンロード数、ストリーミングの再生数を合計して順位を算出するランキング。

 「BTS、THE BEST」は発売直後にオリコン週間アルバムランキングでも1位に初登場した。初週セールスは今年発売されたアルバムとしては最も多い78万2000枚。累計セールス95万7000枚と、100万枚達成を目前にしている。

 一方、BTSの英語曲「Butter」は、米ビルボードの夏季のトップ・ソング・チャート「ソングス・オブ・ザ・サマー」で今年最高のサマーソングに輝いた。

 同チャートはビルボードが毎年6〜9月の夏季にのみ発表する人気曲ランキングで、ストリーミング、ラジオでの再生回数、音源販売を総合して集計する。「Butter」は6月26日付チャートで1位に初登場して以降、9月11日付の最新チャートまで12週連続でトップをキープ。2021年のソング・オブ・ザ・サマーに選ばれた。