【ソウル聯合ニュース】韓国5人組ガールズグループのITZY(イッチ)が24日、ファーストフルアルバム「CRAZY IN LOVE」をリリースした。

 

 

 デビューから2年7か月にして初のフルアルバムとなる。ITZYは所属事務所のJYPエンターテインメントを通じ、「これまでは『私のための』『私』をテーマにしていたとすれば、ニューアルバムでは愛という感情に惑わされ、どうすればいいのか分からない様子を表現した」(ユナ)、「『ITZYが愛に狂ったらどうなるだろう』というテーマで、情熱的な姿を見せようとした」(イェジ)と新譜を紹介した。

 タイトル曲は、強く心惹かれるさまをZ世代ならではの話法で表現した「LOCO」。ITZYのデビュー曲「DALLA DALLA」と昨年リリースの「WANNABE」を手掛けた作曲チームが作詞作曲を担った。

 アルバムにはタイトル曲に加え、「SWIPE」「Sooo LUCKY」「#Twenty」「Gas Me Up」「LOVE is」などの曲や代表曲のインストゥルメンタルバージョンなどを含め、全16トラックが収録されている。

 ITZYは前作の4枚目ミニアルバム「GUESS WHO」が米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で148位を記録しており、ニューアルバムのグローバルチャート順位が注目されている。

 これについて、メンバーのリュジンは「『GUESS WHO』はより多くのグローバルファンに好きになってほしいという目標を持って準備したアルバムだった。期待以上(の成果)でうれしかった」と振り返った。前作の成果がプレッシャーになってもおかしくないが、リアは「プレッシャーを感じるよりも、わくわくする気持ちで新曲を準備した」とコメントした。

 ITZYはニューアルバムも米東部時間に合わせてリリースし、グローバル音楽市場の攻略に再び乗り出す。27日(現地時間)に放送される米トーク番組「ザ・ケリー・クラークソン・ショー」に出演し、「LOCO」を披露する予定だ。