【ソウル聯合ニュース】米動画配信大手、ネットフリックスのテッド・サランドス共同最高経営責任者(CEO)兼最高コンテンツ責任者(CCO)が、韓国オリジナルドラマとして配信中の「イカゲーム」の人気に言及した。同社によると、サランドス氏は米ロサンゼルスで27日(現地時間)に開かれた「コード・カンファレンス2021」で、同ドラマは「ネットフリックスがこれまでに見せた全ての作品のうちで最も大きな(ヒット)作品になる可能性もある」と述べた。

 

 「コード・カンファレンス」はグローバル企業のトップや報道関係者らが集まり、時代のトレンドについて討論を交わす年次イベント。

 サランドス氏は「大半の国で『イカゲーム』がネットフリックスの『今日のトップ10』で1位につけている」とし、「配信開始から9日たった現在の推移を見ると、ネットフリックスの非英語圏作品のうちで最も大きな作品になりそうだ」と語った。

 456億ウォン(約43億円)の賞金をかけたサバイバルゲームを描いた「イカゲーム」は、韓国ドラマとして初めて米ネットフリックスの「今日のトップ10」ランキングで1位を記録。マレーシア、ボリビア、ベトナム、シンガポール、オマーン、エクアドル、インドネシア、カタール、タイ、フィリピンなどでも首位に立った。英国、フランス、ドイツなど39カ国でも上位に入り、世界的な人気を博している。

世界的な人気を博している「イカゲーム」=(聯合ニュース)[https://youtu.be/ZHtYNOcYuac]