【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)のメンバーが世界4大ファッションショーの一つ、パリ・ファッションウイークに合わせてフランスを訪れ、それぞれアンバサダーを務める高級ブランドのショーに登場して話題を集めている。

 

 海外メディアなどによると、シャネルの「ハウスアンバサダー」として活動しているジェニーは5日(以下、現地時間)、パリで開催された同ブランドの2022年春夏のショーに出席してスポットライトを浴びた。

 ジェニーはかねてから公式の場でシャネルの衣装を優れた感覚で着こなして「人間シャネル」の愛称を持ち、この日のショーにも視線を引き付ける強烈なレッドカラーの装いで出席した。

 

 ディオールのファッション・ビューティーグローバルアンバサダーのジスも、先月28日に同ブランドのファッションショーに出席した。

 パリ・チュイルリー公園に設けられたショーの会場にジスが登場すると、ファンが歓声を上げながら押し寄せる動画がSNS(交流サイト)で話題を呼んだ。

 ディオールもSNSにジスの写真と動画を掲載し、大々的に歓迎した。ディオールを傘下に持つ高級ブランド世界最大手、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループのベルナール・アルノー会長の息子、アントワーヌ・アルノー氏は自身のインスタグラムにジスとのツーショット写真とともに「ディオールの家族になったことを歓迎する」と投稿した。

 サンローランのグローバルアンバサダーを務めるロゼも同日、エッフェル塔の前で開かれたショーに出席し、関心を集めた。

 ロゼは先月開かれた米ファッション界最大のイベントとされる「メット・ガラ」にもK―POPの女性アーティストとして初めて出席。サンローランのクリエーティブディレクター、アンソニー・バカレロと並んでレッドカーペットを歩いた。

 

 先ごろ初のソロ曲を発表したリサも今月4日、ファッションイベントに出席するためパリに出発した。リサはセリーヌのグローバルアンバサダーとして活動している。

 K―POPグループのメンバー全員がそれぞれ世界的ブランドの顔としてパリ・ファッションウイークに参加するのは異例。K―POPを代表するガールズグループの枠を超え、ファッション界のアイコンとしてのBLACKPINKの影響力を示したと評価される。