【ソウル聯合ニュース】国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の広報大使を務める韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)が、世界の気候危機の深刻性を指摘し、より良い未来のための変化に協力するよう呼び掛けた。

 所属事務所のYGエンターテインメントによると、BLACKPINKは英国で開催中のCOP26に気候変動への対応を促す内容の映像メッセージを寄せた。

 メンバーのロゼは「今の時代で気候変動への対応が最も重要」と強調。リサは「私たちが恐れていたことが既に起きており、深刻な変化が地球をむしばんでいる」とし、地球の平均気温が上昇したときに起こりうることについて言及した。

 ジェニーは、気温上昇による影響について触れながら「より良い明日のために今すぐ行動すべきだ」と訴えた。

 ジスは「皆が共に行動しなければ気候変動に対応できない」とし、COP26に出席した各国首脳に対し「私たちの地球を今、そしてこれからも守り続けることができるよう必要な決定を下してもらいたい」と力を込めて語った。

 また、メンバーたちは「地球のために力を合わせ、気候行動を実践できるよう努力してほしい」と重ねて呼び掛けた。