【ソウル聯合ニュース】韓国の総合コンテンツ大手、CJ ENMは25日、来月開催する音楽授賞式「2021 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」の出演者ラインアップを発表した。

 授賞式は来月11日にソウル近郊の京畿道・坡州にあるCJ ENMコンテンツスタジオで有観客で開催される。

 aespa(エスパ)、ATEEZ(エイティーズ)、Brave Girls(ブレイブガールズ)、ENHYPEN(エンハイプン)、ITZY(イッチ)、NCT 127(エヌシーティー イチニーナナ)、NCT DREAM(エヌシーティードリーム)、Stray Kids(ストレイキッズ)、TOMORROW X TOGETHER(TXT、トゥモロー・バイ・トゥギャザー)の出演が決まった。

 また、CJ ENMが運営する音楽専門チャンネルMnetのオーディション番組「プロデュース101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」から誕生した日本の男性グループ、JO1(ジェイオーワン)、同シーズン2で誕生したINI(アイエヌアイ)、Mnetのオーディション番組「ガールズプラネット999:少女祭典」で勝ち残ったメンバーで結成され、来月14日にデビューするガールズグループ、Kep1er(ケプラー)も出演する。

 これに先立ち、第1弾のラインアップとして、オーディション番組「プロデュース101 シーズン2」から誕生した男性グループ、Wanna One(ワナワン)、Mnetの女性ダンスチームのサバイバル番組「ストリートウーマンファイター」に出演した8チームの出演が発表された。海外からは、英国を代表するシンガーソングライター、エド・シーランが出演する。

 CJ ENMはほかのアーティストとも日程を調整しており、追加ラインアップを公開する予定だ。