【ソウル聯合ニュース】韓国のガールズグループ、TWICE(トゥワイス)と男性グループのNCT、同グループ派生ユニットのNCT127が、米ビルボードが29日(現地時間)に発表した最新のメインアルバムチャート「ビルボード200」にそろってランクインし、K―POPの存在感を示した。

 先月12日にリリースされたTWICEのサードフルアルバム「Formula of Love:O+T=<3」は、48ランクアップの36位を記録した。

 TWICEは同チャートで自己最高となる初登場3位を記録した後、16位、26位、66位、84位と下落したが、再び36位に上昇した。

 所属事務所は、順位の上昇について「今月17日に発売したスペシャルバージョンアルバムの販売枚数がチャートに反映されたためだ」と説明した。

 TWICEは、アーティストの影響力や知名度を示すチャート「アーティスト100」でも65位に再ランクインした。このほか「ワールドアルバム」で2位、「トップカレントアルバムセールス」で8位、「トップアルバムセールス」で8位に入った。

 このほかTWICEは、10月に発表した英語曲「The Feels」が「ビルボードグローバル(米国を除く)」で68位、「ビルボードグローバル200」で128位を記録し、合計七つのチャートにランクインした。

 一方、NCT127はサードフルアルバム「Sticker」が「ビルボード200」で85位に入り、14週連続ランクインに成功した。また、NCTのサードフルアルバム「Universe」は同チャートで20位を記録した。