【ソウル聯合ニュース】韓国のオーディション番組から誕生したガールズグループ、Kep1er(ケプラー)が3日にリリースしたデビューアルバム「FIRST IMPACT」が、発売初週に20万枚を超える売り上げを記録した。所属事務所が10日、韓国CDセールス集計サイト「ハンターチャート」の調べとして伝えた。ガールズグループの発売初週のセールスとしては史上最多で、2021年と22年にデビューしたグループでも最多だという。

 Kep1erは音楽専門チャンネルMnetのオーディション番組「ガールズプラネット999:少女祭典」で勝ち残ったメンバーで結成された9人組で、日本人も2人いる。

 ファーストミニアルバム「FIRST IMPACT」は、発売初日の3日に15万枚超のセールスを記録した。また、日本やインド、ベトナムなど11カ国のiTunes(アイチューンズ、米アップルのコンテンツ配信サービス)の全ジャンルチャートで1位、K―POPジャンルのチャートでは23カ国で首位に立った。