【ソウル聯合ニュース】米ビルボードが19日(現地時間)に発表した最新チャートによると、韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)と英ロックバンド、コールドプレイのコラボレーション曲「My Universe」がメインシングルチャート「ホット100」で94位となった。前週の58位から順位を下げたものの、16週連続でランクインした。

 昨年9月24日に発表されたこの曲は、「アダルトポップエアプレイ」で13位など、ビルボードの他のチャートでも上位にとどまっている。

 世界200地域以上で集計されたデータを基に人気曲の順位を付ける「ビルボード・グローバル200」では30位だった。同チャートでBTSはこのコラボ曲以外にも、英語曲「Butter」が45位、「Dynamite」が68位、「Permission to Dance」が128位に入った。

 米国のデータを除外した「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」でも、「My Universe」(16位)と「Butter」(26位)、「Dynamite」(37位)、「Permission to Dance」(74位)の4曲がランクインした。

 一方、BTSが2020年2月にリリースした4枚目のフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は、メインアルバムチャート「ビルボード200」で166位と、93週連続のランクインとなった。同アルバムは「トップアルバムセールス」で32位に、「ワールドアルバム」で2位につけている。