【ソウル聯合ニュース】韓国男性グループStray Kids(ストレイキッズ)が先月リリースしたミニアルバム「ODDINARY」が、米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」に5週連続でチャートインした。所属事務所が27日伝えた。

 「ODDINARY」はビルボード200で初登場1位を飾った後もチャートにとどまっている。今週は117位と、前週から16ランクアップした。同チャートで1位を記録したK―POPアーティストはBTS(防弾少年団)、プロジェクトグループ「SuperM(スーパーエム)」に続き3組目。

 Stray Kidsはまた、ビルボードの「アーティスト100」で60位、「ワールドアルバム」で1位、「トップカレントアルバムセールス」で6位、「ワールドデジタルソングセールス」で10位となった。 

 「ODDINARY」は3月18日にリリースされ、今月25日には世界最大の音楽配信サービス「スポティファイ」でのストリーミング再生回数が1億回を突破している。

 Stray Kidsは29日からワールドツアーに入る。ソウル公演に続き、日本の神戸と東京、米ニューアークやシカゴ、アトランタ、フォートワース、ロサンゼルスなどでステージに立つ。