【ソウル聯合ニュース】韓国の歌手、AleXa(アレクサ)がオムニバス映画「ソウル怪談」(原題)で女優としてデビューした。所属事務所が28日、伝えた。

 27日に公開されたこの映画は、ソウルで起こった奇妙な物語10編からなる作品。AleXaはSNS(交流サイト)のインフルエンサー、セリ役を演じた。部屋から脱出すれば1000万ウォン(約101万円)を獲得できるとの提案に挑戦するが、あちこちに潜む危険な装置に命を脅かされる。

 AleXaは現在、米NBCテレビの人気オーディション番組「アメリカン・ソング・コンテスト」に唯一のK―POPアーティストとして出演している。準々決勝では視聴者やファンによる投票で1位に輝いた。